自分でキズをつけた場合の車両保険の扱いについて

クルマを運転しているとき、自分でクルマをぶつけてしまったり、擦ってしまったりということはよくあることです。キズの程度によっては、すぐに修理が必要になってきます。しかし、ちょっとしたキズでも意外と修理代は高くつくものです。これがさらに大きくダメージを与えるような自損事故を起こしてしまった場合は、数十万円の修理代になってしまうことも少なくありません。このような自分で起こしてしまった事故やキズを補償してくれるのが、自動車任意保険のオプションとして提供されている車両保険です。

この保険は、車種や年式によって補償額が違ってきますが、たいていの修理代はカバーされます。免責ゼロで契約を結んでいれば、小さなキズの修理であってもすべて保険でカバーすることができます。クルマの運転に自信のない人は、この保険をつけておくと安心です。ただ、保険料は1万円以上高くなってしまいます。そして、一度事故を起こして修理代を補償してもらうと、次年度の保険料がさらにアップしてしまいますので、よく考える必要があります。また、年式が古いクルマは補償の範囲が狭くなることも理解しておくことが大切です。つまり、その時点でのクルマの価値に対して補償額が決められるということです。

コメントは受け付けていません。