他人がキズをつけた場合の車両保険の扱いについて

自動車保険の中で、自損事故などによって自分自身のクルマを補償する車両保険に加入されている方も多いと思いますが、この保険はもし他人がキズをつけた場合でも補償されるのでしょうか。たとえば、駐車場に止めているときに、隣のクルマにぶつけられたとか、いたずらでひっかきキズをつけられたというようなケースです。このようなケースはよく起こることです。そのとき、ちょうど現場車06に居合わせれば良いのですが、知らない間にキズがついていたという場合、泣き寝入りするしかないのでしょうか。

加入されている保険によって多少補償内容が違うかもしれませんが、自分の車両にかけている保険によって、多くの場合このような他人からつけられたキズも補償されています。だから、キズを発見した場合、慌てることなく、まずは保険会社に連絡を入れると良いでしょう。ただ、ひっかきキズや、小さなへこみ程度のキズの場合、それほど高額な修理代にはならないことも多いので、免責を設定していると、免責の範囲内でおさまってしまう、つまり保険金がおりない場合もあります。しっかり保険金での補償を望むなら、保険料は高くなりますが、免責ゼロに加入することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。