車両保険とは

自動車任意保険に加入する際に迷うのが車両保険ではないでしょうか。保険内容が充実していればいるほど、安心感が高まりますが、その分保険料もアップします。特に、車両に保険をかけると、大幅に保険料がアップしていまいます。通常、自動車保険というのは、事故を起こしたときに被害を与えてしまった人やクルマ、物などを補償することを重点としています。しかし、自損事故や衝突事故では自分のクルマも壊れてしまいますので、修理代が必要になってきます。それを補償するのが、この自分の車両にかける保険なのです。

補償される金額と保険料は、車種と年式、免責によって違ってきます。新車価格が高く、年式が新しいほど補償される金額や保険料は高くなり、逆に新車価格が低く、年式が古くなると、補償される金額も下がります。この際注意する必要があるのは、年式が古いクルマで、その時点でのクルマの価値に対して補償額が設定されるために、修理費用が高額になっても、そのすべてが補償されないケースが増えてくることです。また、保険料を少しでも抑えたければ、免責を設定することですが、免責5万円を設定すれば、5万円までの修理代は自己負担になります。おすすめなのは、年式の新しいクルマには保険をかけ、年式が古くなってきたら車両の保険はかけないことですね。

コメントは受け付けていません。