車を自分で補修して直す方法

クルマの故障やキズなどは修理工場に持ちこむと高額な修理代がかかります。しかし、簡単なキズや不具合であれば、自分で修理が可能なものも少なくありません。たとえば、経年劣化による部品の交換です。代表的なものとしてワイパーの交換です。劣化してくると、水切れが悪くなり、きれいに雨水をふき取ることができなくなります。そこで定期的に新しいワイパーに交換しなければなりませんが、自分で購入してきて付け替えることが可能です。車種に合ったワイパーを間違わないで購入することを気を付ければ、装着はそれほど難しくはありません。

また、小さな擦りキズなども自分で修理することが可能です。一番簡単なのはタッチペイントでの補修です。同色のタッチペイントはディーラーに売っていますのでそれを購入しておくと、いざキズを付けてしまったときに手軽にキズを目立たなくさせることができます。少し深いひっかき傷になると、パテでキズを埋める必要があります。そして、紙ヤスリできれいにならしてから、カラーを塗装します。この作業である程度キズを目立ちにくくさせることが可能です。ただ、完璧にキズを目立たなくさせたければ、プロに依頼することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。