深いキズを自分で直す方法

クルマの深いキズを自分で直す方法は、二段階のステップを踏む必要があります。まずキズを埋める作業です。キズを埋めるには専用のパテを使います。パテをキズの中にすり込んでいきます。多少はみ出ても、後からヤスリで削りますので、気にしなくても大丈夫です。このパテは時間が経つと硬化しますので、しばらく時間をあけます。パテが硬化した後は、それを紙ヤスリで削って平にならし、段差が無くなるようにします。慌てず丁寧に行うのがコツです。

パテを埋める作業はそれほど難しい作業ではありません。問題はこの後の塗装です。塗装はいきなりカラーを塗装するのではなく、下地を作ります。下地は専用のサーフェイサーという下地塗料を使います。これを塗ることでカラーがはがれにくくなります。サーフェイサーの上から、ボディと同色のカラーを塗装します。これでかなりキズは目立たなくなるはずですが、まだ完成ではありません。仕上げにクリア塗装を行い、磨きをかけます。できれば被膜が強力なウレタン素材を使いたいところですが、無ければラッカーのクリアでも構いません。そして、その上から紙やすりとコンパウンド剤で丁寧に時間をかけて磨いていきます、すると美しい輝きを取り戻すことができます。

コメントは受け付けていません。