浅いキズを自分で直す方法

免許を取得し、初めて選んだ車が納車された瞬間は、何事にも代えがたい喜びがあります。
これまでは、諦めていた場所に楽に行けることができるようになり、自由を感じるのです。
自分で選んだお気に入りの愛車ですから、汚さないようにすることはもちろん、傷をつけないように気をつけて車に接することでしょう。
ところが、車は外で使用するものなので知らず知らずのうちに細かな傷や浅いキズがついていて落ち込んでしまうということは珍しくありません。
大事な愛車だからこそ、いつでも、いつまでも綺麗な状態にしておきたいものです。
そこで、浅いキズは自分で直すという方法が適しています。
どんなに気をつけて車と接していても、車の外装には細かな傷がついてしまいます。
それは、洗車が原因でもあります。
洗車を行う際に、ボディーに残っていた細かい砂などをスポンジで引っ張ってしまうことで傷がついてしまうのです。
綺麗にするはずの洗車で車に傷をつけてしまうというのは、ショックです。
自分で傷を修復するには、コンパウンドで磨くと良いでしょう。
小さな傷を見つけたら、できるだけ早く洗い流してコンパウンドで丸く磨いてください。
すると、気になる傷がすぐに無くなります。

コメントは受け付けていません。